Home お知らせシニアファッションショー開催のお知らせ
シニアファッションショー開催のお知らせ

シニアファッションショー開催のお知らせ

昨年の「なごや介護の日フェア2017」において、1000人以上の方が観覧された、「名古屋市シニアファッションショー夢コレクション」が今年も開催されることとなりました。

ファッションショーの聖地パリで行われるファッションショーではここ数年、エッフェル塔下でのショーの開催が行われていると聞き、名古屋市でもそのショーに負けないよう、テレビ塔下に特別ステージを設置し開催させて頂きます。

現在各地で開催されるシニアファッションショーですが、ただ元気なシニアがおしゃれをするだけの企画ではございません。

夢コレクションは、名古屋市ならではの「多様性を混在させた未来の高齢社会の在り方」を示すファッションショーとなっております。

◆名古屋シニアファッションショー夢コレクションは「ココが違う!」

なごや介護の日フェア2018

1. 名古屋市立桜台高等学校ファッション文化科によるコーディネート

全国トップレベルの教育水準を誇り、業界では有名な方を多数輩出されている名古屋市立桜台高等学校ファッション文化科の皆様のご協力の元、ファッションショー出演に向けた衣装コーディネート検討会が開催されます。

これは、3年前に桜台高等学校が名古屋市南区の独居高齢者に対する「絆のマフラー」を毎年贈呈する事業の取り組みが40周年を迎えたことによる記念事業としてシニアファッションショー「おしゃれで輝こう!ミナミコレクション」が開催された事から現在の事業も引き続きご協力を頂く形となって継続されております。

シニアの感性と高校生が学んだ知識と技術の融合により、シニアの皆様の普段の生活で着用される服装が魅力的に輝きます。

また、普段から世代間交流などの機会が無いシニアや高校生の皆様に、この繋がりにから、地域で安心して生活できる環境を整え、それぞれがお互いの事をきっかけづくりとして、多世代交流を通じた地域共生社会の在り方を体感頂く場を提供しております。

普段着られる衣装が、高校生の感性と融合し、いきいきとされる皆様の表情に、ファッションショーへの期待が高まります。

2. 名古屋モード学園メイク・ネイル学科による本格メイクとメイクレッスン

世界的有名アーティストを多数輩出され、名古屋のみならず全国的な知名度とその能力を誇る名古屋モード学園。
そんな名古屋モード学園メイク・ネイル学科の皆様のご協力の元、本格メイクとメイクレッスンを開催し、シニアの皆様の魅力を存分に引き出します。

メイク等に不安のある方でも安心出来る事は勿論、普段からの生活をより彩れるメイク方法についても学ぶことが出来ます。

名古屋モード学園の皆様は、このレッスン開始に当たり、事前にシニアや障がい当事者理解を含めた認知症サポーター養成講座を受講され、シニアの皆様を快くお招きできる体制を整えて頂いております。
当日メイクも担当頂くため、ファッションショーは全国的にもハイレベルなショーになる事間違いなしです。

3. 医療・介護従事者とプロの演出家によるランウェイウォーキングレッスン・介護予防講座

なごや介護の日フェアに携わる本物の医療・介護従事者による、「本当に必要な」介護予防講座と、世界的にも有名なプロの演出家によるランウェイウォーキングレッスン講座が、名古屋モード学園の本格的なランウェイ舞台にて行われます。
医療介護従事者ならではの視点を盛り込み、プロの演出家によるウォーキングレッスンは、「介護予防」と言う事を忘れてしまう程本格的な指導です。

ここでの受講で自信を持ち舞台に繋げていく事が出来ると同時に、シニア自身が講座を通じて健康意欲の向上や地域のリーダーとなっていく必要がある事をお伝えし、地域に変えられた時の地域包括ケアの一翼を担って頂く様プログラムされております。

医療介護従事者とプロの演出家が連携した本格的な講座を開催しているのは名古屋だけと自信をもっていえる内容です。

4. 認知症や障害当事者による啓発活動や生きがい創出

ファッションショーには、認知症の当事者や障害を持つシニアの当事者も出演されます。
ショーに出演される方の生き様や、その姿を見て「私たちが思う『障害当事者像』が大きく変わった。」とお話しされた観覧者が多くおられました。

以下は、昨年参加された認知症当事者の稲垣 豊さんと、奥様の一子様の紹介アナウンスです。

名古屋市認知症相談支援センターが主催する若年性認知症当事者と家族の会である「あゆみの会」からの特別出演を頂いた、稲垣 豊(いながき ゆたか)さん、一子(かずこ)さんご夫妻。

豊さんは若年性認知症を発症して、10年になろうとしています。

しかし、沢山の仲間とともに、スポーツやドライブなど楽しんだりして、充実した生活を毎日送っています。

「認知症になっても素敵な人生を送っていけるんだよ。」

そんな素敵なメッセージを伝えたいと今回、豊さんを支える奥様と一緒に出演されました。

認知症についての誤解や偏見はたくさんありますが、私たち一人一人が考え方や捉え方を変えるだけで、ずいぶん住みよい社会になります。

認知症の人に優しい街は人に優しい街。
認知症予防も必要かもしれないけれど、認知症になっても安心して暮らせる社会にしていきたいとお話される、素敵な稲垣 豊さん、一子さんご夫妻です。

ショーの出演を生きがいとされる方、ショーの出演で障害への理解を求める方。
様々な出演者の想いが夢の舞台を作り上げております。

5. 介護従事者の魅力の発信

ファッションショーには、シニアの横にそっと寄り添う介護職の方も出演されます。
介護の仕事は「支え寄り添う仕事である」事から、輝くシニアの人生を支える皆様にも是非ご注目をして頂きたいと思います。
医療介護従事者は生活の全てに関わり、その方の輝きを支える存在であることを見て頂く機会となっております。

6. 理想の地域共生社会の未来をカタチに

ファッションショーを通じて、多世代交流、医療や介護の多職種連携、介護予防の促進、認知症などの障害に対する理解・啓発を通じた、名古屋における「未来の地域共生社会」の在り方を、見て・感じて・体感を通じて、より多くの方にこれからの社会の在り方を考えて頂くきっかけにして頂きたいと思います。

行政や医療・介護従事者のみならず、学校や地域団体を巻き込んだ新しい街づくりのカタチを「なごや介護の日フェア」を通じて沢山の方に感じて頂きたいと思います。